| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

効果的な採用動画を制作するコツ|目的別の採用動画事例も紹介

企業は優秀な応募者を確保するために、あらゆる手段を講じて自社の魅力をアピールしなければならない。中でも効果的な手段の一つとして、近年は採用コンセプトや会社の世界観を伝える動画(以下、採用動画)の制作に力を入れている企業が […]

Read More
| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

むしろ「好機」。採用活動のオンライン化は、今、優秀な人材を確保する上で最良な方法である

新型コロナウイルスの感染拡大、それに伴う外出自粛や7都府県への緊急事態宣言の発令。在宅勤務へ移行する企業が増える中、これまで対面のコミュニケーションが中心だった採用活動もオンラインへの切り替えが進んでいる。 「必要に迫ら […]

Read More
| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

内定前後で考察する、採用担当に適したスキルと人物像

あらゆる採用手法に挑戦しているにも関わらず、以前と比べて求人応募数が集まらなかったり、選考中や内定後に辞退されたりすることに悩んでいる企業も少なくない。 さらに採用に至ったとしても、ミスマッチにより入社後、すぐに離職され […]

Read More
| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

【実践編】採用マーケティングのフレームワークと活用方法

優秀な人材の確保は、どの企業でも重要な活動だ。 採用活動にはいくつかの段階があるので、そもそも応募数に課題があるケースもあれば、書類選考や面談の通過率に課題があるケースもある。 こうした課題を俯瞰して捉え、それぞれのプロ […]

Read More
| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

「中途社員がすぐ辞める」を解決する、入社前・入社後のアプローチ

企業の採用活動の中でも、中途採用は「即戦力」としてのニュアンスが強い。 実際の募集要項などでもそのことが明記され、求職者も企業からの期待を理解しているはずだが、「前職のスタイルが抜けず自社に合わない」「スキルセットが合わ […]

Read More
| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

採用基準の設計と運用|選考の質を高め、社員の定着率を向上させる

「どのような人材が欲しいか」といった採用基準を可視化することは、自社にマッチした人材を獲得するためだけでなく、採用後の定着率を高めるためにも必要不可欠な戦略だ。 そして採用活動を成功させるためには、採用基準をただ設けるだ […]

Read More
| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

「らしさ」を伝えるストーリーで、採用から引き合い獲得まで、多方面に情報が伝播

AIQ株式会社 「どこに行こう」、「何を食べよう」。そう考えるとき、私たちは自然とSNSで情報収集をするのではないのだろうか。 そうした生活の記録や、情報収取ツールとして活用されているSNSを「個人の趣味嗜好を映し出すビ […]

Read More
| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

「地方では出会える機会が貴重、だから大事にしたい」。求人票では伝わらない思いの具現化

株式会社ツルタ 転職・就職において、UターンやIターンという言葉は定着しつつある。とはいえ、現実を見ると東名阪や福岡など、いわゆる都市部以外での人材不足は依然として大きな課題だ。 山梨県でカー用品専門店を展開する株式会社 […]

Read More
| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

採用パンフレットを「求職者の疑問や先入観を払拭するツール」にするための考え方

働き手の不足が社会課題となっている昨今。より優秀な人材を確保しようとする企業間の採用競争は激化の一途をたどっている。 各社が採用活動に工夫を凝らす中で、自社の魅力をアピールするために効果的なツールのひとつが採用パンフレッ […]

Read More
| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

採用ブランディングの意義、メリットを再考する。「応募の質」を高めるために

労働人口の不足により、企業が優秀な人材の確保に頭を悩ませる昨今。 より多くの求職者に「この会社で働きたい」と思ってもらうために、多くの企業が様々な策を講じている。 そんな採用活動におけるトレンドワードとなっているのが、「 […]

Read More