| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

知名度ゼロからのスタート。市場に後発参入した企業が、3本の記事で見せた競合優位性

フードデリバリーの配達パートナーの中でも一際目を惹く、空色の配達バッグが印象的な Wolt。「おもてなしデリバリー」を掲げサービス拡大を続ける同社の平山陽恵氏は、入社して日が浅いタイミングで、Forbes CAREERへ記事を掲載し採用マーケティングを強化する選択肢を選んだ。背景にあった課題、そして得られた成果とは

Read More
| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

広報活動の第一歩として選び、成功に繋がった。Forbes CAREER読者へ思いが波及し、得られた信頼性

情報の非対称性、学歴・社歴の偏重、若手軽視といった課題を抱える転職市場に対し、求職者の「価値観」を軸としたキャリア形成を支援している株式会社アサイン。転職サービスの品質向上を第一とし、露出を意図的に絞ってきた同社がサービス広報・採用広報の「第一歩」として選んだ媒体、それがForbes JAPAN CAREERであった。

Read More
| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

候補者との「はじめまして」として機能する──独自のビジネスモデルが明瞭に、共感応募も増えた

D2C領域に特化したデジタルマーケ支援を手掛けるブリーチ。
「シェアリング型統合マーケティング」と呼ばれる新たなビジネスモデルを掲げ、事業スタート後急成長を続けている。
「組織が我らのプロダクト」と掲げるとおり、社員たちの活躍を抜きにして躍進は語れない。採用は投資、と語る川東亮介氏が感じた、サービス導入の効果とは。

Read More
| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

Forbes CAREERの記事は「私たちの広報宣伝部長」。人となりを見せ、出会いを引き寄せていく

創業からわずか2年ながら主要株主にNTTドコモや清水建設、日本郵政キャピタルなどを迎え、累計19億円の出資により盤石な経営基盤を構築しているEDGEMATRIX。同社は、事業の拡大に合わせ認知拡大と採用力の強化を目的にForbes JAPAN CAREERでの掲載を開始。MBAを取得した経営企画のプロやベテラン技術者、海外駐在経験のあるセールスが集うプロ集団にもたらされた変化と出会いとは。

Read More
| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

採用に特効薬はないから──記事を通じた転職潜在層へのアピールで、「タネ」を多方面に撒く

マイクロソフトとアクセンチュアのジョイントベンチャーであるアバナード。「採用市場での知名度にはまだまだ課題を感じる」という同社は、短期的視点と長期的視点の両方から採用活動の種まきを丁寧に行ってきた。同社が実感したForbes JAPAN CAREERへの掲載による効果とは。

Read More
| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

人事評価制度とは?目的と種類を理解し、最適なシステムを導入する方法

人事評価制度とは、従業員の能力や貢献度をあらかじめ決めて、ある基準によって評価し、賃金や昇進などの処遇に反映するシステムのことを指す。 適切な人事評価制度は従業員の成長を促すことができ、企業のミッションやビジョンの実現、 […]

Read More
| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

採用目的のオウンドメディア|メリット・デメリット、厳選事例を紹介

従来、企業の採用手法は主に「求人媒体」「転職エージェント」が中心であったが、2000年代に入ってから、新たに「オウンドメディア」を活用する企業が増えている。 オウンドメディアで継続的に潜在的な社員候補となる人たちと接点を […]

Read More
| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

効果的な採用動画を制作するコツ|目的別の採用動画事例も紹介

企業は優秀な応募者を確保するために、あらゆる手段を講じて自社の魅力をアピールしなければならない。中でも効果的な手段の一つとして、近年は採用コンセプトや会社の世界観を伝える動画(以下、採用動画)の制作に力を入れている企業が […]

Read More
| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

むしろ「好機」。採用活動のオンライン化は、今、優秀な人材を確保する上で最良な方法である

新型コロナウイルスの感染拡大、それに伴う外出自粛や7都府県への緊急事態宣言の発令。在宅勤務へ移行する企業が増える中、これまで対面のコミュニケーションが中心だった採用活動もオンラインへの切り替えが進んでいる。 「必要に迫ら […]

Read More
| by Forbes JAPAN CAREER | No comments

内定前後で考察する、採用担当に適したスキルと人物像

あらゆる採用手法に挑戦しているにも関わらず、以前と比べて求人応募数が集まらなかったり、選考中や内定後に辞退されたりすることに悩んでいる企業も少なくない。 さらに採用に至ったとしても、ミスマッチにより入社後、すぐに離職され […]

Read More
  • 1
  • 2